お知らせ(2016年度)

お知らせ(2016年度)
2017/03/21

【重要】NIIメールサーバメンテナンスに伴う問合せ受付の停止について

Tweet ThisSend to Facebook | by:末永
メンテナンスは支障なく終了いたしました。ご協力ありがとうございました。
09:13 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/03/02

【重要】学認申請システムメンテナンスのお知らせ(2017/3/16)

Tweet ThisSend to Facebook | by:末永

メンテナンスは支障なく終了いたしました。ご協力ありがとうございました。


※補足
  メンテナンス終了後、本ウェブサイトのIdP・SP一覧が正確に表示されず、
  エラーとなる現象が確認されていましたが、3月17日13:26までに対処が
  完了しております。
  ご迷惑をおかけいたしました。
15:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/01/27

運用フェデレーションメタデータ署名ツールの更新について

Tweet ThisSend to Facebook | by:末永
運用フェデレーションメタデータ署名ツールの更新は支障なく終了いたしました。
ご協力ありがとうございました。


13:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/11/09

平成28年度SINET・学術情報基盤サービス説明会について

Tweet ThisSend to Facebook | by:末永
本年度も、国立情報学研究所が運用・整備を進めております最先端学術情報基盤を、皆様により深くご理解頂き、より効果的にご活用頂くとともに、さらに発展させていくために、学術情報ネットワーク(SINET)、学術認証フェデレーション(学認)およびUPKI電子証明書発行サービス(UPKI証明書)、eduroam等の学術情報基盤サービスに関する説明会を催し、利用者との意見交換ならびに個別相談を実施させていただきます。
11:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | イベント
2016/11/08

【重要】学認サービスの一部停止について(12/2 9:00 - 12/5 17:00)

Tweet ThisSend to Facebook | by:末永
メンテナンスは支障なく終了いたしました。ご協力ありがとうございました。
08:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | フェデレーション運用
2016/10/11

「学認アンケートを通して学ぶ正しい認証基盤構築ガイド」公開

Tweet ThisSend to Facebook | by:末永
学認IdP運用機関の皆様には、毎年の調査へのご協力をいただき、まことにありがとうございます。
学認アンケートは、全てのIdP運用機関にご回答頂くことを必須としているものです。回答にはシステムと組織の双方への確認作業が必要なものが多く、担当頂く部所には多大なエフォートをさいていただいていることと思います。

毎年、回答頂いた機関にはフィードバックを行ってきましたが、それは回答に対する個別の修正点が主となっており、全体を俯瞰した改善点の指摘に至るものではありませんでした。
設問にどのように回答するのがよいのか、その前段階として、システムと組織をどのように整備していけばよいのか。運営主体としての学認では、そういった道標をご提示していかねばならないということが、課題になっていました。

そこで学認トラスト作業部会では、本文書「学認アンケートを通して学ぶ正しい認証基盤構築ガイド」を企画しました。
下記リンクから取得の上、IdP運用に関わる方々に、ご一読いただければ幸いです。

「学認アンケートを通して学ぶ正しい認証基盤構築ガイド」
http://id.nii.ac.jp/1149/00000238/

19:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/09/30

「学認CAMP 2016」開催のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:野田

(追記)
学認CAMP2016 は無事終了いたしました。多数のご参加、誠にありがとうございました。
資料は、本文中にもありますが下記URLにて公開しております。
⇒ 絵文字:別ウィンドウhttps://www.gakunin.jp/event/2016/1017/


09:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2016/09/30

【重要】学認参加IdP運用状況調査について

Tweet ThisSend to Facebook | by:末永
学認では,IdPが規則に定められているとおり運用されているかの
監査を目的として,定期的に運用状況調査を実施しているところですが,
本年も運用状況調査をを実施いたします。

実施期間:平成28年9月30日(金) 〜 平成28年11月1日(火)

詳細:
https://www.gakunin.jp/gakunin_survey_2016/

期日までにご回答くださいますよう,よろしくお願いします。

09:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/08/31

OpenIdP一時休止のお知らせ(2016/9/5 10:00-12:00)

Tweet ThisSend to Facebook | by:野田
メンテナンスは支障なく終了しました。ご協力ありがとうございました。

21:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/06/07

システムメンテナンスのお知らせ(2016/06/13,14)

Tweet ThisSend to Facebook | by:末永
メンテナンスは支障なく終了しました。ご協力ありがとうございました。

14:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/05/27

国立高専機構が「IdP of the Year 2015」受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by:野田
2015年度に,最も模範となる活動を行ったIdPを表彰する 「GakuNin IdP of the Year 2015」に  独立行政法人 国立高等専門学校機構 が選定され,5月27日に開催された「NII 学術情報基盤オープンフォーラム2016」において表彰されました。
12:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/05/06

Shibboleth SP の脆弱性について (2016/5/6)

Tweet ThisSend to Facebook | by:野田
Shibboleth Projectより,Shibboleth SPに関する脆弱性が発表されています。
本脆弱性では,Shibboleth SPの不具合により,PathRegex要素で保護された資源にリモートの攻撃者がアクセスできる可能性が指摘されています。

  Shibboleth Service Provider Security Advisory [4 May 2016]
14:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/04/28

第4回「研究教育のためのクラウド利活用セミナー」(2016/5/12)のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by:野田
研究教育活動にどのようにクラウドを活用できるのかといった疑問の解消を目的として、
「Googleのビッグデータテクノロジーを使ってデータを有効活用する」
をテーマに、セミナーを開催いたします。
20:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/04/19

【締切延長】平成28年度情報処理技術セミナーの開催について

Tweet ThisSend to Facebook | by:末永
国立情報学研究所の教育研修事業のカリキュラムの一つとして、情報処理技術セミナーを開催いたします。

本セミナーは、学認参加のためのShibboleth環境構築の技術習得を目的 として開催するものです。今年度も、【基礎編】に加えて、より実践的な内容を取り扱う【活用編】も開催いたします。

大学等の教職員の方がご参加いただけますので、学認に興味をお持ちの方は、是非参加をご検討ください。

【基礎編】につきましては,Shibboleth IdP ver.2系のEOLが7月末に迫っていることから,Shibboleth IdP ver.3の環境を構築する研修を,6月・7月に一回ずつ開講いたします。ふるってご参加ください。

 日程・申込締切:
 第1回【基礎編】 平成28年 6月16日(木)~ 6月17日(金) 申込締切 5月 6日(金) 5月13日(金)
                                               延長しました

 第2回【基礎編】 平成28年 7月 7日(木)~ 7月 8日(金) 申込締切 5月13日(金) 5月25日(水)
                                               延長しました

 第3回【活用編】 平成28年12月 8日(木)~12月 9日(金) 申込締切10月 7日(金) 10月 21日(金)
                                               延長しました

場 所:
 国立情報学研究所(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)

第1回・第2回につきましては,締め切りが迫っております。
以下の研修内容をご参照いただき,参加をご検討ください。

第1回・第2回の主な研修内容:
【基礎編】
・Shibbolethに関する基礎知識
・Shibboleth環境の構築
  - Shibboleth IdP ver.3によるIdP(Identify Provider)新規構築実習 -
  - Shibboleth SP ver.2によるSP(Service Provider)新規構築実習 -
  - IdP,SP間の連携(講義および実習) -

申込方法等の詳細につきましては、こちらをご覧ください。
絵文字:別ウィンドウhttp://www.nii.ac.jp/hrd/ja/joho-karuizawa/

第3回【活用編】の研修内容につきましては,後日,ご案内いたします。

※この他、企業の方でも参加いただけるセミナーを別途開催する予定です。  詳細については、あらためてご案内いたします。
17:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)